> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

王子と俺様 

どっちが偉いの? どっちがモテる?
  • 2009.04.03 23:53 
  • Comment : (4) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> 未分類

日本語検定 

首相は何級でしょう?
  • 2009.04.08 22:22 
  • Comment : (6) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> 未分類

気になるあいさつ 

「おつかれさま」 が気になります
  • 2009.04.11 12:14 
  • Comment : (6) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> 未分類

性格診断やってみました。なにごとも経験ですから 

占いやってみました。性格診断占い http://www.plumoi.jp/?blogseal
  • 2009.04.11 22:00 
  • Comment : (6) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> 未分類

飢えるほどに欲するもの 

もし、周りに本も無く、テレビもパソコンも無かったらどうしよう。本屋に出かけても本が無く、あったとしても読むこともできない外国の文字ばかりだったとしたら。

日本の終戦直後はそのような環境だったらしい。終戦前まで使っていた教科書には墨で黒く塗りつぶし、教師の新しい言葉を書き写す。目の前で、信じていたものが、価値観が大きく変わる瞬間を体験する。

周りに何も無いからこそ知識への欲求が身体の底から湧き上がるという。

おそらく今の教育に必要で最も欠けていることは、飢えに似た知識への欲求だろうな。そうだろ?爺ちゃん。

> 未分類

煽られるもの 

いつか食料が無くなる日がくる。資源がエネルギーが枯渇する日が来る。過去、幾度となく繰り返し叫ばれてきた「人類の危機」。

それは現れるたびに少しずつ纏う衣を変えてるけど、言ってることの基はあまり変わってない。

国家として最悪の事態に備えるということは必要なことだが、その言説に皆が皆煽られて日常生活までを変えてしまうとなると、へそ曲がりな自分は「やってくる危機」に異論を唱えてみたくなる。

凡そ、未来に関する説は地球温暖化説であれ、ノストラダムス説(古いな)であれ信憑性は50%である。
(証明は 『悪魔の妄想 http://d.hatena.ne.jp/rikunora/ ←の トンデモ科学に関する私見』 参照)

ようするに、そうなるかも知れないし、ならないかも知れないと考えるのが正しい態度ってこと。

そして、説の推論の基としてる事実について風説なのか根拠ある事実なのか確かめておくのが賢明だ。


そこで、参考に眺めておいてほしいのが


「食糧危機」をあおってはいけない (Bunshun Paperbacks)
著者:川島 博之 農林水産省農業環境技術研究所を経て、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授

本書の内容紹介のところに1.から6.の食料危機が発生する根拠が記載されています。
本書は、これらの説を豊富なデータを元に一つ一つ論破しています。

食料は余っているし、今後も(少なくとも日本で)不足することは無い。これが本書の結論です。

> 未分類

ずる賢く悪質で 

音楽プロデューサー小室哲哉被告(50)の第3回公判が23日、大阪地裁で開かれ、検察側は「著名な音楽家という地位を最大限利用したずる賢く悪質な犯行」として懲役5年を求刑した。(2009年4月24日 毎日新聞ニュース)

小室氏のことに特に関心があるわけではないのだが、検察主張の「ずる賢く悪質」って言葉が引っかかってしまった。

ふだん賢く生きたいとささやかに密かに厳かに願い生きてる私にとっては、「ずる」が付こうが付くまいが「賢い悪」はどうにも収まりが悪い。好きな甘いもの食べ過ぎて胸焼けしてるくらいに。

「ずる」が良くないな「ずる」が。

ずるい」【狡い】ならその意味は 「自分の利益のために、ごまかしてうまく立ち回る性質」なんらオカシイことはない。

「賢いが狡くて悪質」な人物と表現されて問題なし。ところが「ずる賢く」に使われてる「ずる」は「ずれる」の文語形なのだ。

つまり、

ずれた賢さ』って意味にとれてしまうんだ。

あのね、アマであれプロであれ物書きってゆうのは皆どこかしらずれてるんだから。そして、賢いと言われないでも思うだけは思ってるんだから。

いや、物書きに限らず創作活動してるならそういうのあるんじゃないかな。

だから、

ずれた賢さが悪質』となったら小説家は皆悪人ってことになってしまう。はてさて、どうなんだろう。

> 未分類

正義を煽るもの 

3月末までに職を失う非正規労働者が全国で16万人近くに上ると見込まれる中、失業者たちの健康や就業、生活の相談に応じる“1日派遣村”が1日、福岡市中央区の警固公園で開かれた。約300人が会場を訪れ、生活の困窮ぶりを訴えた。このうち約70人が2、3の両日、派遣村のスタッフの支援で福岡市に生活保護を申請する。=2009/03/02付 西日本新聞朝刊=

東京の派遣村がマスコミの注目を集め、福岡でも派遣村が開かれた。そして、若者達が生活保護受給者になった。
福岡では20代30代の若者なら選ばなければ仕事はある。給料が安いとか、見た目かっこ良くないとか、きついとか選ばなければ若い人に働いてほしい企業や職はある。だが、そういう処の仕事は嫌ということらしい。自分にあった仕事が見つかるまで生活保護を受けたいようだ。

「派遣切りで今日クビになって、明日から路頭に迷う」かのように報道するマスコミもあるが、それは実態と違う。

企業が派遣を解除すれば派遣斡旋企業が「雇用契約」に従って仕事の「途中解除」をすることになる。たとえば、不測にも、その「雇用契約」が「途中解除」となるとしても、それには一定期間の前置きがあり、派遣社員当人に対しては、新たな派遣先を紹介するか、1ヶ月分の休業補償などを提供しているのが実態なのだ。

昔からの就労支援活動を行ってきた者は、今回の事態に首を傾げてつぶやく。

就労して自立するのを助けるのがほんとの支援じゃないのか


 
【やさしい悪魔のささやき】
 あなた達は虐げられている。衣食住を保証される権利がある。生活保護されましょう。


【きびしい天使の叱咤】
 仕事は厳しいもの。お金をもらうんだから当たり前。自立しましょう。

> 未分類

立ち向かうのか、立ち止まるのか 

3年前、プロフェッショナル仕事の流儀(NHK番組)では『ひるまず壁に立ち向かえ』として逆境を克服してきたプロフェッショナルを紹介していました。【プロフェッショナル仕事の流儀】

番組の主題歌を歌うスガシカオさんの苦境を克服した話も有り大いに興味をそそられました。各人各様の逆境の中、壁を乗り越えてきた話は胸を打ち共感しました。元気をいただきました。【スガシカオ progress 曲】

今年は100年に一度の金融危機という大きな壁が私達の前に立ちはだかっています。次に来るであろうチャンスの時までじっとガマンするのか、逆境こそチャンスの時と勇猛果敢に攻めるのか? 色んな考えかたがあると思います。置かれてる状況も様々でしょう。

判断するのに何かヒントがほしい、そんなとき参考になるのが ↓のブログ

       悪魔の妄想 の中記事

       逆境の確率 です。

管理人のrikunoraさんは理系頭の数学理論にメチャ強い人ですが萌美少女マンガを描ける異色で奇才でちょっと変わった貴重な人です。(誉めてます)

文章は文系の人も驚くやさしさです。難しいことをやさしく書くのは、ものすごく大変なことなのですが、それが見事にできているのです。文章を学ぶという観点からも訪れたいブログです。
  • 2009.04.30 20:02 
  • Comment : (8) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。