> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

選挙がおもしろくなってきた 

競い合ってがんばれ マニフェスト

im00018089.jpg


各党のマニフェストが出揃いました。

比べてみると、私達の暮らしをどうやって良くするかを競い合っています。


政権党は、ひとつじゃダメ、競い合うことが必要だってことですね

どの党もがんばれ! がんばって暮らしやすい日本をつくってくれ!

> 未分類

厚労省元局長村木厚子氏が無罪の理由 

「自身が決済する書類の偽造を命じるなど、荒唐無稽」
「政治取引というが、法案がまだ影も形もない時期」と、
検察のリーク記事を疑う人達の声が
えにしネット 冤罪とメディア HP に掲載されてます。
⇒ http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media_shougai-00.html


村木厚子さんの完全な名誉回復を願う
として 竹中 ナミ さんがHPを立ち上げてらっしゃいます。
⇒ http://www.prop.or.jp/news/topics/2009/20090727_01.html





以下に婦人公論8月7日号~7月22 日発売~より抜粋の記事を転載します。
  (竹中 ナミ さんのサイトで全文が読めます)
__________________________________________

村木厚子・厚生労働省前局長の逮捕に戸惑う人たち

緊急ルポ・ 障害者福祉団体、女性ジャーナリスト、元官僚たちの証言
(婦人公論8月7日号~7月22 日発売~より抜粋)



“キャリア女性の星”と評判の高いトップ官僚の逮捕劇。

「またか」と思ったきり、よくある官僚の汚職事件として記憶している方も多いかもしれない。

しかしこの事件、どうも様子がちがうようなのだ。

その理由は“誰も悪評を聞いたことがない”という彼女の人物像にあった──


       取材・文 高崎真規子 (たかさきまきこ) / ジャーナリスト



「厚生労働省の現職女性局長が逮捕」の報に世間が騒然となったのは、6 月14 日のこと。7 月4 日
には、その村木厚子前雇用均等・児童家庭局長(現、大臣官房付)が、逮捕後も一貫して否認を続
けたまま、大阪地検特捜部によって起訴された。

罪状は「虚偽有印公文書作成・同行使」。1 通120 円のDM送料がたった8 円になるという障害者団
体向け割引郵便制度を悪用した、厚生労働省の偽の証明書発行にかかわったというものだ。当時の
上司である元部長も、起訴された元部下の係長も、今回の事実関係を認めたとされている。否認し続
けている村木前局長にも裏の顔があるのでは……といった憶測が乱れ飛んだ。

ところが、逮捕から日がたつにつれ、検察の思惑とは裏腹に、彼女への支援の声が広がりつつある
のだ。



◆こんな官僚もいるんだ◇

最初に声をあげたのは、長崎県雲仙岳のふもとにある社会福祉法人、南高愛隣会理事長の田島良
昭さん。会のHPに「村木厚子さんに『信頼の想い』を伝えたい!」という提言を載せ、支援の輪を募り
はじめた。

田島さんが村木さんと初めて会ったのは約10 年前、彼女が労働省(当時)の障害者雇用対策課長と
して、この地を訪れたときのことだった。

「最初に『生意気だと思わないでくださいね』と前置きをして、こう言うんです。『ハンディキャップを抱え
ながら働く人には、雇用対策ではダメなんじゃないでしょうか。雇ってやるからこれだけ働けということ
ではなく、もっと優しい目線から見て、就労支援みたいなことができないかなと思うんです』と。あまり
に新鮮な発想に、こんなふうに考える官僚がいるんだと、びっくりしました」。

どうしてそう思うのかと問う田島さんに対し、村木さんは、「自分たちも子育てしながら働くという意味
では、ハンディキャップがある。そういう意味では一緒」と答えたという。

田島さんはその後、村木さんと全国各地の障害者福祉施設を回った。
「現場に行って現場で教わるという手法なんです。それも、上の立場から視察するという姿勢ではな
く、謙虚に話を聞く。障害を負っている当事者にとって何が一番いいことなのかを、常に考えている人
でした」


村木さんは、1978 年に労働省に入省。一時期は婦人局に在職し女性労働問題にも取り組んでいた。
そのころ『読売新聞』記者として親しくなった永峰好美さんは、「女性の労働問題を中心にしつつ、障
害者や高齢者の雇用、ハンディを負っている人の生きにくさについても肌で感じてやってきた人」と評
する。(略)

村木さんは会話をリードするタイプではなく、楽しそうに聞き役に回っていました。仕事の場では、デー
タを駆使し、論理的で明快な指示をするのですが、物腰に独特な柔らかさがある。部下への目配りも
行き届いていて、会に後輩をよく連れて来ていました」




◆温かい目線の持ち主◇

20 年来の付き合いだという元大手外資系企業人事部の女性は、村木さんの仕事ぶりをこう振り返
る。

「初めてお会いしたのは、90 年代初めごろ。村木さんが労働省の女性政策課の課長補佐だったとき
です。私がいた会社は育児や介護休業など、法律に先駆けてサポートする体制を作っていたので、
話を聞きにいらした。また当時、大手企業の人事担当の女性12 人ぐらいでネットワークを作って勉強
会を開いていたのですが、ぜひメンバーに加えてほしいと言われました」

「法律だけ作っても、女性たちが継続して就労できるような環境を整備しなければ負担がかかるだ
け。だから、働く女性がどんな問題を抱えているのか、企業での対応も含め生の声が聞きたい」。そう
言われ、労働省の課長補佐の立場にある人が民間企業にいる自分たちの意見を積極的に聞こうと
する姿勢に驚いたという。(略)

そうした声をもとに、労働省は3 ヵ月の有期契約をして、終わった時点で本雇用に結びつけるかどうか
を決定する「トライアル雇用」の制度を導入、3 ヵ月間は国から支援金が出ることになった。のちに若
者や高齢者へも広がっていくこの制度の導入によって、知的障害者の雇用が画期的に進んだとい
う。

村木さんは常に現場の声を聞く、とても仕事熱心な人物だったという声は多い。障害者の働く場作り
を応援する福祉ベンチャーパートナーズ代表の大塚由紀子さんは(略)、何かの折に、子育ての悩み
を話したこともあるという。

「すると『ウチも子育てではいろいろあったのよ。子どもの描く“家”の絵がなんか変なの。おねしょもな
くならない。仕事ばかりしていたせいかも。カウンセラーに相談したこともあったのよ。でも今から思う
と、そういう出来事があったことで、子どもに一生懸命向き合うことができたんだと思うの。あまりにも
順調に育っちゃうと、子どもそっちのけで仕事しちゃうからね』と、元気づけられたこともありました」(略)




◆みんなの信頼も厚く◇

「障害者の問題をライフワークとしてやっていきたい」。
多くの人が村木さんからそんな言葉を聞いたという。それだけに、2005 年10 月の障害者自立支援
法の成立にはひとかたならぬ思いがあったのだろう。この法案は、「当事者にも一律に負担が課せら
れる」という面ばかりクローズアップされ、諸方面からの批判が多かった。一方で就労支援の強化や
障害の種類に関係なく施策を一元化するなど、これまでの障害者行政を一新する改革でもある。

村木さんは責任者として、「多少の不正には目をつぶってでも、法案を通したい」と焦った末、悪事に
手を染めてしまった。逮捕劇を目にした人の多くが、そう思っても不思議ではない気もする。検察の筋
書きも、そこを突いているのだが……。


新制度実現に一緒に取り組んでいた元企画官の北川博一さんは、こう話す。
「新制度の具体的な中身を詰め始めたのは、04 年の8 月ごろです。その前は、実際の資金不足の
把握作業などを進めていた時期で、赤字の穴埋めをどうするかという省内での判断も決まっていませ
ん。4月から6月の段階で、法案成立のために外に働きかけるなんてことはありえません。与党との
調整もその年の年末です。時期や筋があまりに違うので、今回の件には強い違和感があります。

8月以降は、当事者団体の対応は村木さんが一手に引き受け、精力的に説明会や勉強会をしてい
ました。村木さんは、政治家との合意形成の前に利用者サイドとの合意形成をきちっととっていく。そ
の姿勢が、極めて新鮮でした。人柄もクリーンですが、仕事の進め方自体がオープンで透明性があ
る。だから、みんなの信頼が厚かったのだと思います」


取材中、誰の話を聞いていても、村木さんから出世欲の“し”の字も出てこない。福祉関係に詳しいマ
スコミ関係者は、こうもらす。

「コツコツと控えめだけど、政策理念を持って成果をあげていく人だったと思います。私も長年、この世
界の人たちに取材していますが、村木さんについては一度も悪評を聞いたことがないんです。この件
で『仕事熱心だが、手段を選ばないところがあった』という障害者団体の男性理事の談話が出ました
が、マスコミ関係者の中でも、なんで今あんなコメントが出るのかって、不思議がっていたくらいです」(略)
_________________________________________
  • 2009.08.01 23:20 
  • Comment : (2) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> 未分類

絵に描いた餅じゃ食べれないのだが 

民主党のマニフェストに怒れる麻生首相
PK2009080202100023_size0.jpg

 「子ども手当に5兆円、高速道路の無料化に2兆円など、
 財源の裏打ちのない、 ケタ違いのばらまき政策であり
 ます。予算を組み替えれば、何十兆円もわいて 出てく
 るような夢物語。財源を伴わない空論に、日本の経済を
 任せるわけにはいきません」

 と民主党マニフェストを批判した






財源が足りなくなると赤字国債を発行して800兆円~もの借金をこしらえてしまった歴代自民党政権だが
民主党は大丈夫なのだろうか?




民主党 長妻昭氏による財源の説明
090204d-2.jpg

 「全省庁の金庫をひっくり返す」


 金庫番が代われば「むだ遣い」が見える


 組合との交渉は逃げずに真面目にやる


 すぐにバラ色になるわけではない



「『財源を伴わない』というのは、今まで予算編成をしてきた人たちの固定観念。民主党は考え方が違います。税金の使い道を全面的に変える。自民党の批判は当たりません」

「自民党のイメージは、従来ある予算の山から少しずつ削ってきて新たな政策に回す、というもの。我々はまず、何もないところにマニフェストで掲げた政策の山を作る。少なくともマニフェストの予算はつくわけです。イメージは『削る』ではなく『組み替える』です」

「官僚に丸投げすると変な風になっちゃう。天下り団体のカネを残して、必要な社会保障分の予算を削ったり。あまり目立たないけれど、

今回のマニフェストの最大の争点は、官僚の手綱を政治家が握るという『統治機構の改革』なんです。ここが自民党と全然違うところです」

「今までずっと日本の金庫番だった自民党は、800兆円もの借金を作ってしまった。それなのに、無駄な事業がどれほどあるのか問うと、『ほとんどない』と答える。無責任です。一度、我々に代わったらどうかということです」

「全省庁の金庫をひっくり返す」記事より抜粋
 ⇒ http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090727-01-0101.html
_________________________________________




長妻氏は「霞が関利権」を追及してきた人だけに説得力あるが、公務員労組を支持団体のひとつとする民主党がどこまで踏み込めるだろうか?


気になるモノ、コト。備忘録のブログ記事 [民主党の「財源」に対する考え方がやっとわかりました]で泡雲法師さんがわかりやすく解説されてます。
 ⇒気になるモノ、コト。備忘録 http://monokotobibouroku.blog90.fc2.com/blog-entry-552.html



aaef5954a80faa78dab503383a837613.jpeg




 甘い和菓子が大好きなペカリです。もちろん絵に描いた餅じゃ困ります。

> 未分類

真ん中を歩いたらいいじゃないか 

1387_original2_341352.jpg

 ピーピッピッ


 左に寄り過ぎて危険です

 中央に寄ってください



▽学習指導要領の大綱化 
▽選択的夫婦別姓の早期実現 
▽元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど慰安婦問題への取り組み
▽靖国神社に代わる国立追悼施設の建立

↑ これらは民主党の政策集に書かれているがマニフェストに盛り込まれていない。
旧社会党系左向き議員達の主張がそのまま載っている。


国民と政党との約束はマニフェストであって、政策集ではないのです。



民主党さん、政権を取ってもマニフェストに忠実な政治を行ってください。頼みます。



生活を良くするために政権交代に期待するのであって、主義主張のために支持するんじゃないのです。

> 未分類

痛飲する人々 

もうやめるから・・・許して
20090217080030.jpg

薬と酒の副作用でみっともない姿を世界に晒した中川昭一議員だが

帯広市で開いた総決起大会で

「日本のために、皆様方のために、酒を断つ」と宣言した



   なんか感覚が変だなあ、誰も頼んでないだろ? 

自己管理はじぶんのタメにやることだろ? 違いますか。


   中川昭一議員は、一部では「痛い」とか言われていますが

   思うに、彼はそんなに痛くないと思います。

   だって、彼より痛い人がいますから。

   その人に比べれば彼の痛さなんて、ミジンコみたいなものです。






winplujp392.jpg

   尿検査を白にするため6日間逃げまわった酒井法子容疑者

薬物事件の場合、物証が無ければ処分保留のまま不起訴になる場合が多い 

> 未分類

やるやる詐欺には騙されないぞ 

民主党支持を発表した中田・横浜市長と橋下府知事=長沖真未撮影
20090811-253317-1-N.jpg
 大阪府の橋下徹知事と横浜市の中田宏市長は11日、

 大阪府庁で記者会見し、地方分権政策を巡る自民、民主

 両党の政権公約(マニフェスト)を検証した結果、衆院

 選では「首長連合」として民主党を支持すると表明した。

 (2009年8月11日18時41分 読売新聞)




今まで改革をやれる立場だったのにやってこなかった自公政権は『やるやる詐欺』だと思う。

国民はいつまでも騙されていない。国の形が変わる可能性が大きい方に軍配が挙がるのは当然ですね。

> 未分類

日本の未来が若い人たちにかかってる 

世代交代が必要な理由

SEB200907190007.jpg

 自民党前職の古賀誠氏 VS 民主党新人の野田くによし氏



「100年に1度の危機」はなぜ起きたのか?。地球規模で歴史的激震を経験した直後の選挙がもうすぐです。

 自民党は「近年の行き過ぎた市場原理主義と決別すべきだ」というが、どこが市場主義の行き過ぎで、それをどう改めたいのかは不明ですね。

 民主党も「反市場至上主義」を唱えているが、なぜ危機が起きたと考えるのか、目指したい政府と市場との関係はどのようなものなのかが明確に伝わってこない。



 昨年以降の金融・経済危機は単なる「大規模な不況」ではなかった。それは私たちに根源的な問いを数多く突きつけた。バブル経済や金融の暴走は防げないのか。資本主義は誤りだったのか。新しい国際経済秩序とはどんな形か。政府は市場をどこまで管理すべきなのか・・・・・・

 どれも答えは簡単ではなく、正確な答えを持っている者はいないだろう。しかし、将来の世界経済の姿や日本の在りかたが問われる、極めて重要な課題です。選ばれた議員達の働きに期待するしかないわけですが。


必要なのは世代交代


年金問題など社会保障制度にみられるように年寄り世代が決めた政策で迷惑を一番こうむるのは次世代の若者達だといえます。


将来の問題を議論し解決していく代表は若い人がなるべきです

> 未分類

ウィルスは死なない。計画的にインフルに罹ろう! 

吸血のご利用は計画的に

img_820166_28080698_0.jpg

 バンパイヤを恐れることは滑稽です。

 人類が皆バンパイヤになればいいのです。


 どのみちバンパイヤになるなら

 素敵な異性に噛まれたいものです。



ウィルスは死なない。計画的にインフルに罹ろう!



タミフルと消毒液ではウィルスを殺せません。予防は不可能なのです。

効果的なのは、睡眠と栄養を充分に摂って軽く賢く『インフルに罹る』ことです。


体力が落ちる冬季に罹るよりは、体力のある夏場に罹っておくほうが賢いのです。


インフルに罹っても症状を和らげる効果のあるワクチンは、
妊婦・高齢者 透析治療など基礎疾患を抱える患者 幼児にまわしましょう。
数が足りないですから。




新型インフルエンザは季節性インフルエンザと同等の症状ですから恐れることはありません。


ワクチン接種の危険性を考慮すれば賢く罹ろうと、 あなたも考えるのではないでしょうか。




【ワクチン接種の危険性】
1976年、豚インフルエンザの感染が確認された際に、アメリカでは集団接種を行った。
そのときに大量のギラン・バレー症候群を感染した例が有る。
この感染率は通常より非常に高く問題になった。

ギラン・バレー症候群に関しては、
先日大原麗子さんが亡くなった際にこの病気が改めて取り上げられたが、
インフルエンザの予防接種による副作用と見られるものが毎年数件報告されている。

> 未分類

厚労省の対策は間違ってるんじゃないか? 

ワクチンでは予防できない

 例年のインフルエンザでも、ワクチンの接種で流行を抑え込めてはいない。インフルワクチンは予防効果がほとんどなく、接種すれば発症を防げる「はしかワクチン」などと異なるのです。

 今回の新型インフルエンザは、世界中の誰もワクチンを接種していないが、かかった人の大多数が1週間ほどで回復している。ただし、重症化のリスクを抱える人もいるので、そうした人たちへの感染の機会を減らし、死亡を防いでいくことが大切です。


国産ワクチンの年内製造量は1700万人分にとどまり、厚労省は輸入を検討しているが・・・

ちょっと待ったあ~!!!

 重症化防止を優先すると、予防接種が急がれるのは、持病を持つ人、妊婦、乳幼児で、これに医療従事者を加えても計約1800万人だ。中にはワクチン接種を望まない人もいるので、国産の1300万~1700万人分で年内は何とか対応できると思われます。

 日本産ワクチンでも副作用の危険が皆無ではないが、輸入ワクチンには、副作用の不安も指摘されている。日本と製造法や添加物があるなど異なった薬品だからだ。輸入に踏み切る場合でも、安全性に焦点をあてた臨床試験を国内で行うと共に、リスクに関する情報開示が必須です。






『ワクチンよりも病院施設の整備を』

 国のこれまでの対策の最大の問題点は、新型インフルエンザ対策は、ウイルスが発生すれば今の医学では感染を止められないという大前提に立っていなかったことです。

 一度大流行すれば、国民が病院に殺到することは避けられません。具体的な準備をしておくべきではないでしょうか。





img07_l.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。