> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 小説

いづみと博士の恋愛相談所(1) 

 今の時代を生きる女性はどこかたくましい。
 自分らしく活きることを模索し、実践する女性を作者は好む。
 好むからそういう女性ばかり作者の目に見えるのかも知れない。
 いづみの場合もそうだ。新しい地で新しい仕事に挑戦するらしい。
 「ありがとう、東京でのいい思い出ができたわ」

 宴会の途中でいづみが言った。

 「あたし福岡に帰るんです」 「父のことも看てあげなきゃ」


 「会社どうするの?」 男性が心配する。

 「会社はやめる」 「福岡の知り合いが研究所で一緒にやろうって言ってくれたし……」

 「研究所ってなにするの?まさかスロットの研究なんて言わないよね」

 「それっぽいこともやるみたいよ」 「確率共鳴現象の研究ってことだから」

 「なに、それ?」 男性三人がハモった。

 「ほら、どの台打とうか悩んでるとき台が呼んでるように感じるときあるでしょ?」
 「そういうのないかな?」

 「あるときもある」
 「ないときもある」
 「あるときもない」
 男性三人が応えた。誰がどれを応えたかはさして重要ではない。

 「そういうような、意識に上がってこない不確かな情報を扱う科学なのよ」

 「科学より保健体育がイイ」
 「科学か、特捜隊の出番だ」
 「ガッチャマンのほうがイイ」

 男性三人の意識は酔いの中にあった。
 いくら科学のチカラで拾い上げても内容が無いのは明らかだろう。

 いづみは背は高くないのだが痩せているのだろう。
 ありきたりなグレースーツでもいづみが着ると洗練された感じになる。
 澄んだ大きな目が印象深い。
 東京の藤三商事で事務員として働いて3年経った。
 転地を決意したいづみに会社の同僚が駅前の白木屋で送別会をしてくれたのだった。
 福岡で生まれて大学まで福岡に居た。
 就職のために東京に出たが機会があれば福岡に戻ろうと考えていたのだった。

 ※ ※ ※

 『西園寺・ペカリ・猿田彦科学研究所』
 福岡の駅から人通りの少ない方向に歩くとビル群がある。
 その中の古いマンションの一室がいづみの働く研究室だ。
 研究所と看板に書いてあるが住居用マンションを無理やり仕事場にしている。
 ドアを開けて中に入ると横にソファが置いてある。部屋の奥には事務机が二つ並べてある。


 「いづみさん、よく来てくれたね」 「来てくれるとは思ってなくて……正直なとこ驚いてるわけだが」

 ソファに腰掛けた四十歳後半の紳士がいづみに挨拶している。
 髪があり白髪でも無いので若く見える。腹周りはだぶついてはいないが痩せてもいない。
 サル顔と言ったらいいだろうか。
 やんちゃな少年の面影を残しながら分別のあるような素振りを見せる、要するに変なおっさんだ。


 「前から一緒に仕事できたらいいなって思ってましたのよ」
 「不確定性原理の研究に参加したかったわ」 いづみもソファに座って質問に答えた。

 「うむ、今は知ってると思うが確率共鳴現象を扱ってるところだよ」
 「きみの腕をふるってもらえると期待してるよ」

 この男はペカリ博士と呼ばれている。研究所はペカリ研だ。
 サル研と言っている口の悪いのもいるが。


 「ところで前からここで働きたかったって言ったけど……どうして?」

 「どうしてこんなとこでって質問でしょうか?」 いづみは言いにくいことを平気で言う。


 「ほら、私が猫とじゃれあっていたときあったでしょ。あられもないカッコしちゃって」
 「あのとき見られたかなって」
 「責任とってもらわなきゃ」

 「責任?なんの?」

 「乙女の純白」

 白だったのかと博士は想像した。

 「冗談ですよ、妄想はやめてください」 いづみはなかなか鋭い娘だ。



 「人間の感覚と思考は脳が主に司っているが……」

 博士は話題を変えた。いづみのペースでは負けてしまうと考えたのだろう。

 「夏、熱い砂浜を裸足で歩くと足の裏で記憶を思いだすようなところがある」
 「そういう意識には昇っていない情報を扱っていこうと……」


 「足の裏厚そうですね先生、ついでに顔も」「クスッ」

 「サルだから足の裏が鍛えられてる」 「ウキキィ」 「って何言わすんだ」

 ふたりは笑いあった。他に誰も居なくてよかった。
 名前だけの研究所にも一応の世間体みたいなのはあるのだ。


 「不確かな事象や意識を扱うから確率的に捉えようってゆうのわかるんですが……」
 「確率共鳴現象の共鳴について教えてください」

 いづみが澄んだ瞳を博士に向けて質問した。
 自由闊達な意識と中心をぶれさせない意志の強さの両面を備えた女性である。

 「うん、外界からやってくる信号が微弱で意識されないような状態のところに適当な量のノイズを加えると信号が識別できるようになる」
 「その識別できるようなった状態を共鳴あるいは共振現象と呼んでいるんだ」
 「音が共鳴すると大きく聴こえるのに似てるから付けた言葉だよ」

 博士の説明にいづみはゆっくり頷いていた。

 「ノイズが加わらないと意識されない、認識不能ってとこがミソですね」
 「ノイズが無ければノーミソてか」
 「先生!笑うとこですよ」


 「先生、スロット打ったことありますか?」 いづみが更に質問した。

 「あるよ、時々駅前のホールに行ってるけど負けてばかりだ」

 「パチンコ店でどの台を打とうか探してると、台が呼んでる気がする時あるんです」

 「ふむふむ、面白い、それと確率共鳴と関係がありそうだと言いたいのだな」
 「ええ、そうなんです」
 「その台だけを見てるのでなく周囲をうろうろしてる時に出る台と出ない台の有り様が見えてくる感じかな」
 いづみはパチスロ店の状況を思い浮かべながら応えた。

 「うまくいけば常勝できそうだな」 「いづみ君の給料も払えそうだ」

 「先生、給料と成功報酬とは別にしてくださいね」
 いづみは冗談とも本気ともとれる口調で言った。

 博士は笑いながら立ち上がり、机のパソコンを操作した。

 「これを見てくれるかな」
 博士はパソコンからプリントした紙を2枚ソファの前のテーブルに置いた。
 紙には、心電図のような曲線のグラフと花の写真にノイズを混ぜて花が鮮明になったり、ノイズに埋もれて花が見えなくなっている画像がプリントされていた。

 「このように適度なノイズが加わると認識できなかったものが明瞭になってくるんだ」
 博士は、ノイズが少し混ざっているけれど元の花の絵が浮かび上がっている画像を指差した。

 「ノイズが大きすぎてもだめなんですね」
 いづみは、博士が指差した画像の横を見ながら言った。ノイズを多くした画像はノイズだらけで元の絵がわからない。

 「そういうこと」
 「この理論の応用では実際の場面でどのようなモノが適当なノイズとして役立つかってところだね」 
 「パチンコ店で適度なノイズを加えながら台を見る方法を探さなきゃね」

 「欲しい情報は出る台かどうか……設定状態ということですね」
 いづみは明晰な判断を加えていく。
 科学研究という仕事に重要なことは目的を見失わないことだ。だがそれだけではだめだ。
 発想の自由さ・ユニークさが一番要求されるのである。

 「生物は確率共鳴現象をうまく使って周囲の状況を判断してるみたいだ」
 「ザリガニの感覚細胞はこれを利用し敵の動きをとらえるとされている」
 「人間の脳ではf分の1揺らぎという適度な乱れを持つ微弱電流を入れると確率共鳴が起きる」
 「今言ったのは学会で論文発表されてるものなんだが……」
 博士が過去に学会発表された論文を紹介した。

 「その生物の能力はスロットを打つプロの人の感覚にも備わってるかも知れませんわ」
 「それに、論理的に物を考えるのが苦手なおばちゃんが勘だけで勝っている現象もありますし」
 いづみが応じた。

 「最も強いものでも、もっとも賢いものでもない。最もよく変化に適応できるものこそが生き残るのだと……」

 「先生すごい……名言ですわ!」
 いづみが感嘆した。

 「ダーウィンが言ったんだけど」「パチスロ店にも適応されるみたいだな」
 博士は頭をかいていた。

 向き合って座ると視線を落とせば相手の足が目に入る。
 博士の目にいづみの細い足が映ったとして当たり前のことだ。

 「明日からパンツにしますね、先生のために」
 「ちなみにパンツってゆうのはズボンのことですから」
 「妄想はやめてくださいね、先生」
 いづみの明晰な判断が更に加えられた。


「お昼にするから、ちょっと待ってて」
 博士は隣り合わせのキッチンに行き、昼ごはんを用意しだした。
 いづみはソファから立ち上がり身体を伸ばして部屋を眺めた。博士の机の上に置かれた資料が気になった。100ページ以上あるその資料は『恋愛の賞味期限』と表紙に書かれてあった。

「できたよ」
 博士に呼ばれてダイニングテーブルの席に着いた。

「どうだい?ちょっとしたもんだろ」
 博士が用意したのは親子丼、材料を揃えておいて卵を割って温めればよい。五分とかからない。

「美味しいわ」
 いづみは漬物が一切れでもあれば言う事なしと思ったが、それは言わなかった。

「いつも料理をされるんですか?」

「いや、たまにしか作らないんだよ、レパートリーが少なくて、後できるのはカップめんみたいにお湯だけで済むのとか、チンして済むやつ」

「レトルトに頼るんですね、私もそうです。時間の節約ができますから」

 ふたりは笑いあった。

「博士、恋愛の賞味期限って論文ありましたけど? 内容が気になりますわ」

「ああ、国に依頼されてまとめようとしてるものなんだけど……」

 博士はあまり乗り気ではないような素振りを見せた。
「近年離婚率が上昇してるので対策法の研究を依頼されたんだ。けどね、僕自身がバツイチだろ、向いてないよな」
 いづみに同意を求めた。

「そんなことないんじゃないですか、かえって博士の経験も活かせることのように思いますけど」

「うーむ、そういう考えも有りだな」

「カップルの仲が悪くなると、家庭的にも社会的にも被害を大きいと思います。家庭は暗くなり、仕事もやる気がなくなり、経済への影響は多大な損失となっているはずです」
 いづみが正論を述べだした。

「研究の成果で、不仲になったカップルを元に戻せたとしたら素晴らしいじゃないですか」
 いづみの言葉が博士を揺さぶる。

「僕のような失敗をする人を減らせるかもな。研究してみようか」

「研究の成果で素敵な恋愛ができますわん」
 いづみの声が弾んでいた。

「カップルになる前の独身男女、若い人達にも役に立つだろうね」
 博士は研究意欲が湧いてきたようだ。

「研究のためにいろいろ悩みを持つカップルや若い人を集めなきゃ、うーん恋愛相談所開いて集めようかな」

「誰が相談相手になるんですか?」

「いづみ君と僕だよ」

「私が相談したい側なのに……(博士だってバツイチなのに)」
 いづみは最後の言葉を飲み込んだ。面白いことをできそうな気がしたからだ。

 食事を終えて博士はたばこを吸った。中央に長いたばこをくわえたインディアンが描いてあり、背景は夕日を思わせる赤色のパッケージだ。無農薬、無添加というたばこである。健康や環境に配慮されたたばこなのだが、博士は単純に美味いからそれを吸っているのだ。
 人生を楽しむためには健康であったほうが良い。それだけのことなのに近頃の健康ブームを苦々しく思う博士だった。命より大事な健康、命より大事な環境なんて無い。それが博士の持論である。

続きを見る>>>     目次>>>


  • 2009.02.16 10:40 
  • Comment : (6) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

改めて読んでみました。
ペカリさん、文才あるね~(^-^)
自分にはここまでの書けそうにないわ(^o^;
  • 2008.12.29 23:30
  • URL |
  • 宇宙太 |
  • edit |

No title

宇宙太さんありがとう。宇宙太さんの物語楽しみにしてますからね。

相変わらず読みやすい文章で、キャラが立っていますね^^
ところどころにクスっと笑える部分があって、読んでいて楽しいです
  • 2009.05.27 23:55
  • URL |
  • 神田夏美 |
  • edit |

神田夏美 さん

> 相変わらず読みやすい文章で、キャラが立っていますね^^
> ところどころにクスっと笑える部分があって、読んでいて楽しいです

ありがとうございます。プロットを立てずに書き出してしまったので、かなり紆余曲折しててはずかしいですが、なんとか完成させたいと思ってます。
  • 2009.05.28 19:12
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

なんか久しぶりパチ屋に行って自分の変化の順応力を試してみたい気になりました(笑
よく楽器を重奏したりして共鳴を図っている方ですが、台と自身の共鳴は中々お目にかからないものです…
例え、一度共鳴したとしても相手への期待が高まっては共鳴の周期をずらして後悔したもんです(泣
音楽的に言うと走っている状態か?
自己満です。

あと、こちら報告もせず勝手にリンクした後でアレですが、相互有難う御座います。
  • 2009.05.29 09:34
  • URL |
  • sammo |
  • edit |

sammo さん

> なんか久しぶりパチ屋に行って自分の変化の順応力を試してみたい気になりました(笑

あっ、せっかくやめていたタバコを勧めてしまったような気分です(笑)。今の店は店じまい間際みたいなとこばかりでしょうから、やめておいたほうが・・・

> よく楽器を重奏したりして共鳴を図っている方ですが、台と自身の共鳴は中々お目にかからないものです…

楽器を演奏なさるんですか、多芸ですねえ。

> 例え、一度共鳴したとしても相手への期待が高まっては共鳴の周期をずらして後悔したもんです(泣
> 音楽的に言うと走っている状態か?
> 自己満です。

機械相手ではなかなか、女性のかたを相手にされたらいかがでしょうか?(笑)。

>
> あと、こちら報告もせず勝手にリンクした後でアレですが、相互有難う御座います。
いえ、こちらこそ、ありがとうございました。

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/1-f2a0835f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。