> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

我思う、ゆえに宇宙は在る 

人間原理  
2cbfe5db.jpg

 生命が存在し得ないような宇宙は観測され得ず、よって存在しない。宇宙は生命が存在するような構造をしていなければならない。ブランドン・カーター1974年

 量子力学の多世界解釈によれば、宇宙はミクロなレベルでの可能性の数だけ分岐し、結果として無数の宇宙が実在することになる。もしも宇宙が一つしか存在しないなら、10のマイナス1230乗の確率でしか起きない出来事が起きることは奇蹟だが、もし10の1230乗個の宇宙が存在するなら、そのうちの一つに生命が存在しうる宇宙があったとしても驚くに値しない。

 宇宙開闢以来、あらゆる可能性が実在する宇宙として機械的に分岐し、そのうちの一つとして私たちが存在する宇宙が生まれたに過ぎない。しかし、その宇宙一つだけを取ってみるならば、現在の私たちの存在を前提に宇宙の過去を説明する目的論的説明が許される。

 この考え方を人間原理と呼ぶ。人間原理によれば人間の生命は宇宙の何れよりも尊いものと言える。


 なにも難しいことを言ってるのではない。自分の生命が何よりも大事なんだって言ってるわけ。(ペカリ)

自分の命が一番大事な者どうしが対立して、「おまえが死ね」「おまえこそ死んでくれコノヤロウ」

となった場合にどうするか?

 この対立の解決として何人も他者に悲痛や苦痛を強制することはできないという人間尊重の理念が導かれるのである。




 というわけで・・・戦争してる他所の国まで行って何らかの軍事的か非軍事的か知らないがなんかやらかすことは賛成しかねます。

 すんません、命には価値の序列があるんですわ。

自分の命>周りの人の命>地域の人の命>日本人の命>>知ってる国の人の命>>知らない国の人の命 ですから。
  • 2009.11.11 21:35 
  • Comment : (8) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

こんばんは!

なるほど、そこにいくわけですね。
良かった!私の軽い頭の中にはすーと素通りはしても 留まらない事が多すぎるので。

同じですよ。命の価値の序列。
何方でも 同じだと思うのですが・・・
時折 全然違う考えをお持ちの方が いらっしゃるんですよね・・・これが!
  • 2009.11.11 22:12
  • URL |
  • けい |
  • edit |

けいさん

> なるほど、そこにいくわけですね。
> 良かった!私の軽い頭の中にはすーと素通りはしても 留まらない事が多すぎるので。
>
> 同じですよ。命の価値の序列。
> 何方でも 同じだと思うのですが・・・
> 時折 全然違う考えをお持ちの方が いらっしゃるんですよね・・・これが!

政権批評なんぞやらかしてるので、自分の価値観ってゆうのを確認しておくつもりで記事にしてみました。
戦争反対とか単純に言うつもりもないのですが、なんとなく感じている心境にも哲学めいたものはあるんだとゆうわけです。
賛成していただけて嬉しいです。
  • 2009.11.11 23:31
  • URL |
  • ペカペカリ |
  • edit |

 「命のは価値の序列がある」…本音ぶちまけましたねぇ~(笑)
 まぁ、みんな多かれ少なかれ同じ事を考えてますよね。
 ただ、世間体があるので言わないだけでしょう(笑)
 ここでもう一つ問題なのは、エライ人が同じ様には考えていないかもしれない、という所でしょうか。
 大統領とか総理大臣とかが「自分や自分の知っている人」の命は大切にするのに、その他の人…自国民も知らない国の人もすべて同じ様な価値ぐらいにしか考えていなかったとしたら…
 知らない人(自国民)と知らない人(他国の人)の命がどうなろうと知った事ではないけど、自分の名声などが高まるのならば知らない人(自国民)には犠牲になってもらおう、と考えてしまっているかもしれない。
 仮に、エライ人がそんな人だったとしてもそれを選んじゃった国民の責任って事になるんでしょうけど…
  • 2009.11.12 01:48
  • URL |
  • 泡雲法師 |
  • edit |

泡雲法師さん

>  「命のは価値の序列がある」…本音ぶちまけましたねぇ~(笑)
>  まぁ、みんな多かれ少なかれ同じ事を考えてますよね。
>  ただ、世間体があるので言わないだけでしょう(笑)

ええ、命は平等ではありえないです。皆自分が一番大事ってことです。

>  ここでもう一つ問題なのは、エライ人が同じ様には考えていないかもしれない、という所でしょうか。
>  大統領とか総理大臣とかが「自分や自分の知っている人」の命は大切にするのに、その他の人…自国民も知らない国の人もすべて同じ様な価値ぐらいにしか考えていなかったとしたら…
>  知らない人(自国民)と知らない人(他国の人)の命がどうなろうと知った事ではないけど、自分の名声などが高まるのならば知らない人(自国民)には犠牲になってもらおう、と考えてしまっているかもしれない。
>  仮に、エライ人がそんな人だったとしてもそれを選んじゃった国民の責任って事になるんでしょうけど…

個人が主観でどのように思っていようと、職業倫理として命の平等を求められる公益性の高い職業ありますね。消防隊員が火事の現場で知らない人を見捨てて知人を助けるのを優先すれば非難されることでしょう。
総理大臣が特定の有権者団体ばかり厚遇したり、諸外国の特定団体の利益供与を行うとすれば犯罪レベルの話になりますね。
一応、自国民を優先しますくらいは自国内で披露してほしいところですが。
  • 2009.11.12 22:27
  • URL |
  • ペカペカリ |
  • edit |

自分>自分の味方>記憶にある人>記憶から消えた人>自分の敵>知らない人

まぁやっぱ似たようなもんか…


  • 2009.11.12 23:14
  • URL |
  • オイラ |
  • edit |

オイラさん

> 自分>自分の味方>記憶にある人>記憶から消えた人>自分の敵>知らない人
>
> まぁやっぱ似たようなもんか…

ええ、みず知らずの人の生命と家族の生命を同列には扱えませんですね。
平等だって奇特なかたがいらしゃったら、その人に生命保険を平等にかけてもらおうと思います(笑)。
  • 2009.11.12 23:36
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

人間ゆえに・・・。

『我思う、ゆえに宇宙は在る』・・・これ誰の言葉だったでしょう?
学生時によく聞いたんだけどなぁ。(テレビとか漫画とか・失笑)

命の価値の序列。
DNAに流れる生命の本能と『考える葦』との戦いのような気がします。
自分の身内が目の前で殺されても理屈を通せるか・・・どちらを選んでも正しい答えはないような。
複雑ですよね・・・人間(社会)って。
  • 2009.11.13 23:48
  • URL |
  • そらまめ |
  • edit |

そらまめさん

> 『我思う、ゆえに宇宙は在る』・・・これ誰の言葉だったでしょう?
> 学生時によく聞いたんだけどなぁ。(テレビとか漫画とか・失笑)

調べといてください(笑)。

> 命の価値の序列。
> DNAに流れる生命の本能と『考える葦』との戦いのような気がします。
> 自分の身内が目の前で殺されても理屈を通せるか・・・どちらを選んでも正しい答えはないような。
> 複雑ですよね・・・人間(社会)って。

人と人の間にあるのが約束事としての「正しさ」ですから。関係性のなかで正しさは変化せざるをへないわけです。
難しいのは、関係性の変化に意識がついていけないってゆうところにも原因がありそうです。
  • 2009.11.14 22:01
  • URL |
  • ペカペカリ |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/106-d801cbbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。