> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

飢えるほどに欲するもの 

もし、周りに本も無く、テレビもパソコンも無かったらどうしよう。本屋に出かけても本が無く、あったとしても読むこともできない外国の文字ばかりだったとしたら。

日本の終戦直後はそのような環境だったらしい。終戦前まで使っていた教科書には墨で黒く塗りつぶし、教師の新しい言葉を書き写す。目の前で、信じていたものが、価値観が大きく変わる瞬間を体験する。

周りに何も無いからこそ知識への欲求が身体の底から湧き上がるという。

おそらく今の教育に必要で最も欠けていることは、飢えに似た知識への欲求だろうな。そうだろ?爺ちゃん。

comment

こんばんわ。

始めてコメント致します。
〉周りに何も無いからこそ知識への欲求が身体の底から湧き上がる
その通りだと思います。

しかし、今の教育では、知識への欲求すら感じ得ないのでは?と危惧しています^^;

短いながらも深い文章、興味深く拝見させていただきました。
またお邪魔いたします。宜しくお願い致します。

  • 2009.04.15 21:47
  • URL |
  • 百瀬 遊 |
  • edit |

こんばんは

ブログで初めて、夢の記録や小説を書こうと思ったのも、突然フランスに行くことになり、日本語の本を持っていくことができなかったからでした。
今は、日本で活字に囲まれているので、飢えのようなものがなくて、あんまり夢も見ないのかな?
コメント、どうもありがとう。
まだ、私はペカリさんのこと、掴めてないみたいです(汗)
これからも読んでみます。
どうぞ、よろしく。
  • 2009.04.15 23:48
  • URL |
  • momocanal |
  • edit |

このあいだはどうも

コメントありがとうございました。
まさに今フランスで日本語活字の本に飢えている状態です。
本屋にあるのは読んでもいまいち雰囲気が掴めない洋書や翻訳漫画ばかり。これはこれで謎なものへの挑戦心が生まれはするのですが。

いずれにしても、頭で「必要だから」と考える以上に、身体が欲求するもののほうが身につくように思います。
  • 2009.04.16 01:20
  • URL |
  • はすい |
  • edit |

ハングリー精神の欠如、
事なかれ主義、
受け身の指示待ち、

でもそのぬるい温度はどうしても心地良い。

肩まで浸かって、ちゃぷ。

沈みかけてふと思う。

沈んだ先にはナニがあるんだろう。
それもまた、好奇心。
ナニもない場所に何かありそうだと、思ってしまうから、
私は生きてる。

あぁ、スミマセン、
私まだ寝ぼけてます…

  • 2009.04.16 09:59
  • URL |
  • オイラ |
  • edit |

Re: こんばんわ。

百瀬さん 来て下さってありがとう。教育って欲しない者に与えようとしても無理ですよね。それを、「義務教育」だからと言って詰め込もうとする発想がおかしいのではないかと考えてます。

Re: このあいだはどうも

はすいさん

> まさに今フランスで日本語活字の本に飢えている状態です。
> 本屋にあるのは読んでもいまいち雰囲気が掴めない洋書や翻訳漫画ばかり。これはこれで謎なものへの挑戦心が生まれはするのですが。

そうなんでしょうね。異文化に触れるというのは、そのような側面の影響も大きいでしょうね。

> いずれにしても、頭で「必要だから」と考える以上に、身体が欲求するもののほうが身につくように思います。

ええ、オーストラリアに一家で転居した人が、半年間日本からの荷物が届かずにいて、子供達が読むものが無くなって辞書の端から端まで飽くことなく読み返していたというのを伝え聞いて、教育の原点を見つけた気がしたのです。

Re: タイトルなし

オイラさん
疲れがとれましたか? オイラさんの超絶話法全開のために休養はたっぷりとってくださいね。

インターネットの普及は、情報の氾濫と手軽な検索による探求心の欠如をもたらしたのかもしれませんね。
そして、人々は信頼性の低い情報を何の労力も掛けずに探り当て、さもそれを自分で調べたかのように……いえ、検索という行為自体が「調べる」という行為だと信じるようになってしまっているのかもしれませんね。
これではいけないよね、爺ちゃん。
  • 2009.04.16 20:49
  • URL |
  • いき♂ |
  • edit |

Re: タイトルなし

いき♂さん
そうですね。すごく便利なんだけど、調べるだけで満足してしまい、そこから先を自身の頭で考えることをしなくなったとしたらマズイですよね。

Re: タイトルなし

momocanalさん
> ブログで初めて、夢の記録や小説を書こうと思ったのも、突然フランスに行くことになり、日本語の本を持っていくことができなかったからでした。

そうでしたか。独特の夢幻の世界の誕生秘話ですね。

> 今は、日本で活字に囲まれているので、飢えのようなものがなくて、あんまり夢も見ないのかな?

いえいえ、トランス入ってるような気分が伝わってきますですよ。
こちらこそよろしくお願いします。

教育は、平等でなくても良いものなのかなぁと思います。

与えられなければ、こちらから求める。
そんなものかも知れません。

  • 2009.04.18 14:08
  • URL |
  • e_fyu |
  • edit |

Re: タイトルなし

e_fyuさん

> 教育は、平等でなくても良いものなのかなぁと思います。

ええ、皆が同じように同じものを求めることはありえないし、同じものを身に付けなければならないというのも、どこかおかしい気がします。

> 与えられなければ、こちらから求める。
> そんなものかも知れません。

教育を受ける機会を奪ってはならないですが、教育するのを義務にするのも変な気がします。
親が集まって自分達で独自の学校を作ろうとすると、教育に関する法律がそれを阻むことから、「義務教育」の考え方には盲点があるのだと気づきました。
  • 2009.04.18 16:33
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

ああ、またまたこんな真面目すぎるところに……。

確かに、お腹がすいたときほど、食べたものが美味しいし、
栄養を蓄える能力も高まっているものです。
甘やかされた環境は怠惰を生み出します。過ぎたるは及ばざるが如し。
如何に自分を、危機的状況に置くか。
現代においては、それが成長のコツです。
そうだったよね?爺ちゃん。

はあ。イテテテ……頭痛薬ありません?
  • 2009.05.08 22:54
  • URL |
  • えめる |
  • edit |

Re: タイトルなし

> 確かに、お腹がすいたときほど、食べたものが美味しいし、
> 栄養を蓄える能力も高まっているものです。
> 甘やかされた環境は怠惰を生み出します。過ぎたるは及ばざるが如し。
> 如何に自分を、危機的状況に置くか。
> 現代においては、それが成長のコツです。

小説書くには山篭りとかいいかも知れないですね。

> はあ。イテテテ……頭痛薬ありません?

頭にマキロン塗りますかあ?
  • 2009.05.08 23:43
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/26-9167852a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。