> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

そないに言うなら参加せいや、ゴラアッ! 

裁判員制度 が導入されます。国民感情と判決とのあいだにできた溝を埋めるための制度らしいですが・・・

ハッキリ言ってよくわかりません。
裁判なんてメチャ難しいこと素人にまかせていいんだろか? これって考え出すとすごくややこしく手に負えそうも無いことに気づきます。それで、頭のいい人の意見をガイドに考えてみることにしました。

「恐怖社会」と「殺人鬼野放し」のどちらを選ぶのかと問いかけてやさしく解説してくださる 泡雲法師 さんのブログ気になるモノ、コト。備忘録 の「99%コイツが犯人」は無罪の原則 の記事わかりやすいです。
         気になるモノ、コト。備忘録 



そして、なにが正しくて、なにがしてはいけないことなのか? 正しいとは何によって決まるのか? をやさしくガイドしてくれる本を読んでおきたいところです。
         「おろかもの」の正義論

 本書は、「正しさ」について考える・初級編である。脳死・臓器移植、死刑、南北格差、環境危機などの現実の問題を題材として、絶対的な権威に頼ることも、開き直って力に訴えることもなく、価値観の異なる他者とよりよく生きていくには、具体的にどうするのが「正しい」のかを論じている。初級編ではあるが、刺激的であると感じる人も多いようだ。「脳死が医学的に人の死であろうとなかろうと、法律で人の死とすることもしないこともできる」「われわれの社会は、自動車の利便性と引き替えに、人がひき殺されることを容認している」などの認識は、残念ながらまだ常識的な見方になっているとは言えないだろう。前者は規範の性質についての初歩的知識、後者は問題のシステム的把握の基本から簡単に導かれることなのだが。本書を読めば、合理的な判断ができる人はそれらのことに納得するだろう。==書評より==



今まで私達は裁判を専門化に丸投げしていました。「責任も専門家に預ける事」が出来ましたので、問題が起きても無責任に批難していました。

裁判員制度によって無責任では居られなくなります。  そないに言うなら参加せいや、ゴラアッ!

comment

とても大事なことだろうとはわかってはいても、
出来れば当たりたくないと言うのが本音。

でも、裁判で善悪を判断させる前に、

総理大臣を選ばせろ、国民自身に。

と、言いたい。です。

  • 2009.05.04 21:59
  • URL |
  • オイラ |
  • edit |

いざ制度が始まってみると、
意外にぼくらは異常に
慎重になりすぎてしまいそうですよね。
テレビの前で意見を言うのとはわけがちがう。
「人を裁く」んですもんね。。。
それが良いことなんでしょうが。

でも、決定的な場面になると、
やっぱし、裁判員を補佐する裁判官3人が
議論を主導するかたちになりそうな気がします。
「判例ではこうなっています」とか言われたら、
法知識を知らない人なら
「ああそうなんですか」って納得してしまいそう。。。
  • 2009.05.04 22:13
  • URL |
  • はすい |
  • edit |

Re: タイトルなし

> とても大事なことだろうとはわかってはいても、
> 出来れば当たりたくないと言うのが本音。

うん、できればめんどうなこと避けたいです。

> でも、裁判で善悪を判断させる前に、
>
> 総理大臣を選ばせろ、国民自身に。
>
> と、言いたい。です。

参加させろや、ゴラアッ! ですね。(ペンギンも火を吐くんだろか?)

はすい さん

> いざ制度が始まってみると、
> 意外にぼくらは異常に
> 慎重になりすぎてしまいそうですよね。
> テレビの前で意見を言うのとはわけがちがう。
> 「人を裁く」んですもんね。。。
> それが良いことなんでしょうが。

そうですよねえ。ペカリは、あーとかうーしか言えないだろうな。

> でも、決定的な場面になると、
> やっぱし、裁判員を補佐する裁判官3人が
> 議論を主導するかたちになりそうな気がします。
> 「判例ではこうなっています」とか言われたら、
> 法知識を知らない人なら
> 「ああそうなんですか」って納得してしまいそう。。。

うん、そして・・・裁判官がそう言ったからって専門家に責任を全部被せる・・・(ダメじゃん)
  • 2009.05.04 23:33
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

こんばんは!

初めまして!読み逃げしてしまいましたのに・・・
コメントを有難うございました。

裁判員制度、やっぱり難しいです。

その時が来るまでにどのぐらいの知識を得る事ができるのか・・・
皆目検討もつきません。

でも、いずれは・・・回って来るんですよね?

その時の為にも色んな事に興味を持つことから始めなければ・・・!
  • 2009.05.05 18:46
  • URL |
  • けい |
  • edit |

けいさん

いらっしゃいませ。この記事にコメントいただけるなんて勇気ありますね。自分が書いておいて、あれなんですが、もし、自分が他所でこういう記事見かけてもコメントできないなあって思って。

> 裁判員制度、やっぱり難しいです。

ほんとにそう思います。当選したらなんか理由つけて断りたいのが本音です。

> その時が来るまでにどのぐらいの知識を得る事ができるのか・・・
> 皆目検討もつきません。
>
> でも、いずれは・・・回って来るんですよね?
>
> その時の為にも色んな事に興味を持つことから始めなければ・・・!

同感です。がんばりま~す。
  • 2009.05.05 19:55
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

残念ですが…

このペンギンは、煙しか吹けません。
正確には、煙にしか巻けません…

ちなみに煙はセブンスター、REVOです。(なんの自己主張?)
  • 2009.05.05 21:09
  • URL |
  • オイラ |
  • edit |

ま、またこんな真面目なとこに来てしまってニャ……。
なにが正しくて、なにが悪いのか。そんなの難しくてわからニャイ。
だって人間、どんな殺人鬼だって、その人の立場からの手記本でも出してみたら、
とっても感動ものかもニャ。
必要悪といって見過ごさねば成り立たないのが文明なのニャ?
博士。ムリしてまともなこと書いた(つもり)ら頭痛くなったから帰るニャ。
  • 2009.05.05 21:53
  • URL |
  • えめる |
  • edit |

オイラさん

ペカリも煙に巻くの得意です。

キャビンの赤がいいです。←(なに張り合ってんだろ??)
  • 2009.05.05 22:06
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

えめるさん

> なにが正しくて、なにが悪いのか。そんなの難しくてわからニャイ。
> だって人間、どんな殺人鬼だって、その人の立場からの手記本でも出してみたら、 とっても感動ものかもニャ。

それはあるかも。

> 必要悪といって見過ごさねば成り立たないのが文明なのニャ?
> 博士。ムリしてまともなこと書いた(つもり)ら頭痛くなったから帰るニャ。

後で熱さまし持ってくからね。
  • 2009.05.05 22:10
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

テレビに向かって言うのとは訳が違う。

『限りなくグレー』も国民感情を取り入れたら黒になるのでしょうか。
(今となっては真実は闇の中)

裁判員制度・・・全ては弁護士の弁論の腕にかかってきそうです。どんなに黒い証拠が揃っていても、感情に任せたら白に流れてしまう・・・ヒトって簡単だと思います。
だからこそプロの冷静な基準が必要なのにと思いますが・・・。
裁判に素人を入れても冤罪を避けることは出来ないですしね。

自分が選ばれたら・・・どうなるのか不安です。(苦笑)
追伸:リンク張らせて頂いてもよろしいでしょうか?
  • 2009.05.06 01:01
  • URL |
  • そらまめ |
  • edit |

そらまめさん

> 裁判員制度・・・全ては弁護士の弁論の腕にかかってきそうです。どんなに黒い証拠が揃っていても、感情に任せたら白に流れてしまう・・・ヒトって簡単だと思います。

そうですね。合理的判断を誰でもいつでもできないですから。

> だからこそプロの冷静な基準が必要なのにと思いますが・・・。
> 裁判に素人を入れても冤罪を避けることは出来ないですしね。

そうですね。白黒の判断の精度を上げるためには役にたちそうもありませんね。

> 自分が選ばれたら・・・どうなるのか不安です。(苦笑)

裁判員になっても不安ですし、万一、被告席に座っても不安でしょうね。(裁判員制度でなくても不安だろうな)

> 追伸:リンク張らせて頂いてもよろしいでしょうか?

はい。よろこんで。
  • 2009.05.06 01:35
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/35-b58bdf89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。