> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

リーダーの資質福岡版 

卑怯だよ麻生知事
03b3da94061c621893-m.jpg
  25日午後9時すぎ、福岡県庁にて九州初の新型インフルエンザ患者の確認を受け、
  記者会見した麻生渡福岡県知事だったがそれ以降だんまりを決め込んでいる。

  県内で感染者が確認された段階で開く予定だった対策本部会議も見送る不適側だった。


県の管轄の幼稚園などに情報提供や情報収集を怠るなど福岡市と福岡県は連携の悪さが露呈しています。
福岡市の保健所職員も県からの情報が得られていないと嘆いています。

そして、集団発生後は福岡市長に責任をすべて被せるつもりのようです。どこに雲隠れしたんだろ?

極めて日本的対応です。時代劇の越後屋さんみたいです。 あんたも悪やなぁ~
  • 2009.06.11 20:52 
  • Comment : (8) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

この人は、平泉成さんですか?
似てる(´_ゝ`)
これだけ拡大が懸念されてたんだから、事前に対策してなかったんでしょうか?
県と市の連携とかって、そんなこといってる場合じゃないのに^^;
まずは市民とかの安全を考えて欲しい。
自分の保身を守るのなんて、いらないo(`ω´*)o
  • 2009.06.11 21:49
  • URL |
  • 月 黎風 |
  • edit |

感染してるんで隔離されてるんじゃないでしょうか。
なんてね、まさかね。
  • 2009.06.11 21:54
  • URL |
  • オイラ |
  • edit |

月 黎風 さん

> この人は、平泉成さんですか?
> 似てる(´_ゝ`)

どっちかつうといい男の部類に入る役者顔の人です。

> これだけ拡大が懸念されてたんだから、事前に対策してなかったんでしょうか?

あきれるくらいなにもしなかったです。(そういう意味ではあっぱれです)

> 県と市の連携とかって、そんなこといってる場合じゃないのに^^;
> まずは市民とかの安全を考えて欲しい。
> 自分の保身を守るのなんて、いらないo(`ω´*)o

まあ、ほんとに軽く考えてらしたんでしょうね。なんてゆうか”いい人”の部類の人です。
平和時のリーダーには向いてるかもです。選んだ側も責任とって自滅すればいいのです(ry

オイラ さん

> 感染してるんで隔離されてるんじゃないでしょうか。
> なんてね、まさかね。

なるほど・・・じゅうぶんにありえますね、それでいきましょう (って勝手に・・・)

うーん

検査を避けて感染者を見つけなかったり
感染者が出ても公表しなかったり
世の中どうなってるんでしょうね。。。
  • 2009.06.12 04:29
  • URL |
  • 愛音 |
  • edit |

愛音 さん

> 検査を避けて感染者を見つけなかったり
> 感染者が出ても公表しなかったり
> 世の中どうなってるんでしょうね。。。

悪意があったり、意図的だったりではないにしろ、消極的な姿勢や現状に疑問を抱かない姿勢、ちょっとした自己保身の積み重ねが「なにもしないでおこう」という結果を産み出します。
今の日本にこの「死に到る病」ともいえる「行政の不作為」が蔓延してそうな気がします。福岡地域限定ではないような・・・
  • 2009.06.12 08:12
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

インフルエンザ

このトピの趣旨からちょっとそれますが、不思議に思うことがあります。
例年なら季節性のインフルエンザはA型からはじまり、その後B型が混在し、
3~4月には両者とも終息するのです。
ところが、今年ははじめからB型が混在し、B型が終わった後もいまだにA型(季節性の)が散発的に出ています。
もうひとつの不思議は60歳以上の人の多くは新型インフルエンザなのに免疫があることです。
さらにもうひとつ(笑)、1月に町田の病院内でインフルエンザ集団感染があり、106人が感染し3人が死亡しました。この病院の職員・患者の予防接種率は90%だったのに防げなかったことです。
  • 2009.06.12 13:46
  • URL |
  • elleander |
  • edit |

elleanderさん

> このトピの趣旨からちょっとそれますが、不思議に思うことがあります。
> 例年なら季節性のインフルエンザはA型からはじまり、その後B型が混在し、
> 3~4月には両者とも終息するのです。
> ところが、今年ははじめからB型が混在し、B型が終わった後もいまだにA型(季節性の)が散発的に出ています。

ええ、そしてA型の新種は高湿度と高温度にも強いという性質を持ってます。

> もうひとつの不思議は60歳以上の人の多くは新型インフルエンザなのに免疫があることです。

過去に、罹患した型との類似性があるかもですね。

> さらにもうひとつ(笑)、1月に町田の病院内でインフルエンザ集団感染があり、106人が感染し3人が死亡しました。この病院の職員・患者の予防接種率は90%だったのに防げなかったことです。

予防接種の型とは一致しなかったわけですね。厚生省がなにか隠してなきゃいいですが・・・
病院とはいえ、高い死亡率ですし、すごく気になりますね。
  • 2009.06.12 21:17
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/50-c17add30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。