> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 未分類

自由・平等・友愛 

ユキオさん 友愛は経済だけにしてね

099bdeb3f3851b324706-L.jpgende.gif

自由・平等・友愛はフランス革命の合言葉になった                 モモの作者 ミヒャエル・エンデ



「これまでみんなは、いつも、この三つをひとつの鍋にぶちこもうとしてきた」

「統一国家をつくって、そこで三つの理想を可能なかぎり実現しようと考えていたわけだ」

「そのさい、まったく気づかれなかったこと、あるいは、気づこうとしなかったことがある」

「それはね」

国の使命は、理想を3つとも実現することじゃない、ひとつだけ実現すればいいってことなんだ

  ~エンデの遺言より~



国の政治は法の下の「平等」を実現することに使命があり、国民の自由な精神生活に関与するなというのがエンデの考えです

●自由な精神活動(精神生活における自由)

●民主的な法活動(法のもとでの平等)

●博愛的な経済活動(経済生活における友愛)

この「自由」「平等」「友愛」という基本的な概念は、それぞれ適応される領域が異なるというわけです。

たとえば、「精神生活における平等」というような誤った適用をされてしまうと、これは一種の悪平等となってしまいます。


経済分野に自由が適用されれば経済的に最も弱いものがいつも割を食うことになるし、平等を適用すれば共産主義となって経済活動全体が疲弊してしまうわけです。

あまりに自由主義経済が行き過ぎているので「友愛」を政治主導でもたらそうという民主党政治なわけですが、過度になれば経済の活力を奪うことになりかねません。





ところで・・・川端文相のキャバクラは「自由な精神活動」なのでしょうか? 「友愛」なのでしょうか?

170a767e.jpg
  • 2009.10.03 16:43 
  • Comment : (4) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

こんばんは!

お久しぶりですね。
今日のお話は 何となく分かりました。

だとすれば 川端文相はきっと「友愛」だと思いますよ(???)
  • 2009.10.03 20:39
  • URL |
  • けい |
  • edit |

>泣くよ、国民、民主党にはならないで欲しいですね。
はい。
>というか、エンデって写真見たら、ハリー・ポッターに出てなかった?(・_・;)
出てません。
>法は国が保障して、自由と博愛は国民が勝ち取るってこと?
  • 2009.10.04 00:49
  • URL |
  • 月黎風 |
  • edit |

けいさん

> 今日のお話は 何となく分かりました。

よかったです。少しでもわかっていただけたなら。

> だとすれば 川端文相はきっと「友愛」だと思いますよ(???)

そうですか、友愛ですか。店のお姉さん達と(笑)。
  • 2009.10.04 21:46
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

月黎風さん

> >泣くよ、国民、民主党にはならないで欲しいですね。
> はい。
> >というか、エンデって写真見たら、ハリー・ポッターに出てなかった?(・_・;)
> 出てません。
> >法は国が保障して、自由と博愛は国民が勝ち取るってこと?

国民の暮らしに政治が直接口出しする社会を全体主義社会といいます。

友愛も強制されれば宗教の押し付けと同じです。
  • 2009.10.04 21:51
  • URL |
  • ペカリ |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://humuhumu123.blog121.fc2.com/tb.php/92-ca9cc79b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。